python

ティーケーインターによる画面の作成

ティーケーインター(tkinter)を使うと、画面を作成することができます。

ティーケーインターによる簡単な画面の作成

ティーケーインター(tkinter)を使って簡単な画面を作成します。
# tkinterをインポート
import tkinter

# 画面の生成と設定
root=tkinter.Tk() #画面を生成
root.geometry("300x200") #画面の大きさを設定

label1=tkinter.Label(text="LABEL") #ラベルを作成
button1=tkinter.Button(text="PUSH") #ボタンを作成

# 画面へのオブジェクトの配置と画面の表示
label1.pack() #画面にラベルを配置する
button1.pack() #画面にボタンを配置
tkinter.mainloop #ウィンドウの表示
画面が表示されます。
framework_image

ティーケーインターによる簡単な画面の作成と関数の実行

ティーケーインター(tkinter)を使って簡単な画面を作成し、関数を実行します。
# tkinterをインポート
import tkinter

# 関数の定義
def moji():
	print("Tokyo")
	print("Yokohama")

# 画面の生成と設定
root=tkinter.Tk() #画面を生成
root.geometry("300x200") #画面の大きさを設定

label1=tkinter.Label(text="LABEL") #ラベルを作成
button1=tkinter.Button(text="PUSH") #ボタンを作成

# 画面へのオブジェクトの配置と画面の表示
label1.pack() #画面にラベルを配置する
button1.pack() #画面にボタンを配置
tkinter.mainloop #ウィンドウの表示
画面が表示され、ボタンを押すと、関数が実行されて文字が表示されます。
framework_image

Tokyo
Yokohama

ティーケーインターとピローによる画像の表示

ティーケーインター(tkinter)と画像処理ライブラリーのピロー(pillow)を組み合わせて、画像表示アプリや画像処理アプリを作成します。

[補足]
tkinterにもある程度の画像処理機能はありますが、画像処理に特化したOpenCVやpillowなどの画像処理ライブラリと組み合わせて行うのが一般的です。
Windowsコマンドプロンプトで、次のようにしてpillowをインストールします。
pip install pillow
コマンドプロンプトからpillowをインストール pillow_pip

# tkinterをインポート
import tkinter
 
# 画面の生成と設定
root = tkinter.Tk()
root.title("testimage")
root.minsize(512, 384)
 
# 画像読込
testimage = tkinter.PhotoImage(file="testimage.png")

# 画像描画
canvas = tkinter.Canvas(width=512, height=384)
canvas.place(x=0, y=0)
canvas.create_image(0, 0, image=testimage, anchor=tkinter.NW)
root.mainloop()
画面に画像が表示されます。
pillow_image

[備考]
「pip」はPyPI(Python Package Index)に登録されているパッケージをインストールします。
「pip」はPythonをインストールした際に一緒にインストールされます。